老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~

休息が予防になります

困る人

自分に合う眼鏡を作ろう

スマートフォンを眼を細めながら見ていたり、近視の眼鏡を外して近づいて見ている人を見かけます。これらの症状は老眼が影響してピントが合わなくなっている可能性があります。老眼は40代半ばから発症していき、70代辺りまで少しずつ進行していきます。近くのものを見る際には水晶体を膨らませてレンズの厚みを変化させてピントを合わせます。その調整を行うのが水晶体に付いている毛様体筋です。体の筋力が衰えるように眼の筋肉も加齢と共に機能が低下していきます。眼の筋肉の場合鍛えても症状が緩和されたり筋力が戻る可能性が低く、日頃から付加を掛けない生活を心掛けましょう。高齢に伴い生じる老眼が最近若年化してきています。長時間のデスクワークやスマートフォンの過度な使用により毛様体筋に負担が掛かり、30代から老眼の初期症状が出てくる人が増加しています。老眼と共にパソコンやスマートフォンから発生する青色光により網膜や視神経に強い刺激を与えてしまい、黄班変性症などの眼病を併発させる人もいます。眼鏡で青色光を軽減させたり、視神経を補助するサプリメントを利用するなど、予防策を考えましょう。一番の予防策は定期的な休息です。長時間毛様体筋を張りつめた状況を軽減するためには遠方を見たり眼を閉じることが大切です。眼精疲労を強く感じたり霞目が出る場合には、老眼鏡を利用するのもよいでしょう。老眼鏡は自分の眼の体質によって度数が異なるのでしっかりと検査をして作成しましょう。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~ All Rights Reserved.