老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~

意識を変えるだけで

口コミ

目も鍛えることが大切

年齢を重ねてくると誰もがなる可能性がある老眼ですが、毎日の生活の中で少し意識を変えるだけで、老眼になる時期を遅らせたりすることができます。そもそも老眼とは、40代から目の筋力が衰えてくることによって起こる現象です。近くのものが見えにくくなったり、遠くから近くを見ようとする時にピントが合わずにかすんで見えたり、焦点が合うまで時間がかかったりしてしまいます。年齢を重ねるたびに体力が衰えてくるのと同時に、目の周りの筋力も衰えてきます。多くの人が40代になったころから老眼になると言われています。できれば老眼にならずに過ごしたいと考えている人は、家にいても目の筋力を鍛えることで老眼にならない健康な目を持ち続けることができます。体を鍛えるのと同じで、目の周りの筋力を鍛えます。簡単な方法は、近くのものと遠くのものを交互にみることです。近くにあるものを見たら、遠くにあるものをみることによって、目の焦点を合わせる動きを意識的に行います。交互にみることによって、目の周りの筋肉が意識的に動かされるので、自然に筋力の強化に繋がります。一日の中で暇な時間や休憩時間に何度か行うことで、どこにいても目の筋力を強化することができます。他にも、目の周りの血行をよくすることで、疲れ目も解消されます。蒸しタオルなどで目を温めることで、目の周りの血行がよくなって、血液の流れがよくなることで、目の負担を軽くすることができるので、お勧めです。老眼にならないように日常生活を気をつけることで、健康な目を維持していくことができます。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~ All Rights Reserved.