老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~

困る人

休息が予防になります

加齢に伴い眼の筋肉も劣化していき老眼の症状が現れます。眼の場合には筋肉を鍛えても回復しにくいため日頃から休息を取り、付加を掛けない生活を心掛けましょう。また、自分の体質に合う老眼鏡を使用すると疲労感が軽減します。

目力トレーニングで予防

女の人

メトロノームで目を鍛える

年齢を重ねると、それまで見えていた新聞や文庫本などのような小さな字がぼやけて見えなくなるという、老眼の傾向があらわれてくる人はたくさんいます。人によってはルーペを用意しながら、それを通して新聞や本を読むこともあります。年齢を重ねると目の力も弱ってくるため、老眼になってしまうのは仕方のないこととはいえ、あるべく避けることができるのであれば避けたいものかもしれません。ルーペなど使用せずに肉眼で新聞や本を読んでいきたいものです。その老眼を予防するために良いのが、目力トレーニングです。目地からトレーニングは、眼精疲労を予防するために目を動かす力を身に着け老眼を予防していくものです。目力トレーニングで目を鍛えていくことで視力が回復するというわけではありませんが、目が弱って老眼になるのを抑え、年齢を重ねても肉眼で小さな字を見ることができるように維持していきます。そのトレーニング方法は、音楽のリズム感を良くするために利用するメトロノームを使います。そのメトロノームの動きを目で追って目を鍛えていきます。メトロノームの動きの速度を早くしすぎると、目を鍛える前に疲労感が出てきてしまうのでまずは遅い速度で行うのが良い方法です。目を鍛えていきながら目に栄養を与える食材を普段から取り入れるのも、目力をつけていくに良い方法となります。アントシアニンが含まれるブルーベリーやルテインが含まれる卵などが目に良い成分が含まれるといわれています。

男の人

誰にでも起こる症状

新聞や本などの文字が見えにくく、少し離した状態にすると見えるというのは老眼の症状です。一度症状が出てしまうと一生の付き合いになってしまうものでしたが、近年は保険適用外ですが、手術を行うと良くなるようになってきました。

目

目を休める習慣が大事

老眼は多くは40〜50歳代で始まります。しかし現在ではスマホ老眼という症状を訴える若者も多くいます。予防のためには、遠くの景色を見て目を休める時間をつくること、目の周辺を温めて目の筋肉を休める、サプリを活用するなどの方法があります。

男女

評判の有効な改善策

老眼は視力自体が低下するのではなく、目のピントを合わせる機能の低下によって近くの物が見えにくくなる症状です。目の筋肉を動かすストレッチをする事で症状が改善されたり、緩和されます。さらなる目の疲れを引き起こさない為にも老眼の症状が出たら老眼鏡を作るべきです。

口コミ

意識を変えるだけで

40代を過ぎたころから老眼の症状が気になる人が増えています。目の老化を防ぐ為には、目の周りの筋力を鍛えることが大切です。近いものと遠くのものを交互にみることを意識して行うことで、目の周りの筋力が自然に鍛えられるので老眼になりにくい健康な目を維持していくことができます。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法を知ろう~目にも栄養を与える~ All Rights Reserved.